★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

韓国遺産徒歩の旅

これがまぁ、位置的にうまい具合に出来ててね。(^^;

あっちにいって戻って…
でまた、反対方向にバスに乗って…

って事をしないで済む位置関係に、各遺産があるんだよね。

実はね、最初は「バス移動」を考えていたのよ。
定額のチケット買えば、一日乗り放題の循環バスもあるらしいのね。
しかも、ほぼ観光客向けって感じで、観光地をメインに回るのさ…

そのバスのチケットは、日本でも買えるんだよ(^^)
でも、すっげぇ割高でさ(^^;
使うとしても、現地でチケット買うしかないなぁ~
などと、地図を見ながら行く場所を検討してたんだけど…

見れば見るほど、
どうも、歩いて移動できない距離じゃなさそうな感じが
だんだんしてきちゃったんだよね。

もちろん正確にはわかんないんだけど、
地図のスケールから目測するに、

「これはいけるんじゃねぇのぉ?」

ってね。

下手したらバスを待っている時間分歩いたら、
次の目的地に着いちゃうんじゃねぇの?
って感じがし始めると、もうだめだよね。

完全に、「徒歩制覇」に心は傾く… (^^)

もし途中でギブアップしても、
普通のバスもタクシーもあるからね。

とりあえず挑戦… って事でさ…

なので、最初の訪問地「徳寿宮」の正門、
「大漢門」の面する大通り「太平路」
まぁ~~~~っすぐ北へ進路をとって歩き始めます。

また地図見てみる? (^^;

「ソウル市内の地図」 <=クリック


↑の地図だと、上の表示部分の選択で
「ソウル中心部」を選ぶと、ちょうど左下隅位に
「徳寿宮」があるんだよね。

で、大通りの「太平路」をまっすぐ北へ、
途中、さらに路が広くなって「世宗路」って通りへ、
突き当りが「光化門」ってなってるでしょ?

ここが、次の目的地

「景福宮(キョンボックン)」

の正門になるんですよ。

「迷いようがない!」って感じでしょ? (^^)

ソウルの中心地を闊歩しながら、
「景福宮」に、向かおうとしたのですが…

ここで、ちょっとした問題が…


は、は、は、はらが…

腹が…

腹が空いてどうしょうもない事に…(^^;

はらへったぁ~~~~!!

考えたら、朝食は菓子パンちょっとかじっただけなんだよね。
そりゃ、腹も減るわ(^^;

9:00丁度に「徳寿宮」に入ったでしょ?

でね、「景福宮」では10:30から日本語ガイドツアー
あるって情報なのよ。

それに間に合うように調整したから、
今はちょうど、10:00位ね(^^;

あまり時間はないけど、とにかく腹ごしらえしなきゃはじまらん!

って事で、いま歩いている大通り
「太平路」にて、最初にみつけたファミリーマートに
駆け込みました(^^;

手に取ったのは「キムパプ」なる食べ物…
他の韓国料理に比べるとなぜか若干のマイナー感…(^^;

みなさん知ってました?

アタシャ、初めて聞いた… 初めて知った…

なので、たかだか4文字なのに、妙に覚えるのが難しくてさ…
やっと覚えたって感じよ…

で、この「キムパプ」ってなにかってぇと、
「韓国風太巻」なんですわ!

太巻きなんだけど、「酢飯」じゃなくて、
さらに、中の具が韓国っぽいんだよね。

で、おにぎりと同じコーナーにて、コンビニで売っとるわけです。
ほぼ、おにぎりと同じ位の値段でね。

若干のマイナー感ながらも、
「韓国名物」的な扱いになってるのも事実で、
普通に韓国料理屋さんとかにも、メニューでもあるんですね。

なので、
「ちょっとどんなもんか食べてみたい」
てな、ニーズもあって購入したわけです。(^^)b

大通りの広い歩道の、なんか石碑みたいなのが
脇にある所の隅に、こっそりとひと目をはばかるように陣取って、
この「キムパプ」なるものを食してみました。

これがねぇ~ びっくりな事に
「太巻」以外の何者でもなくてですねぇ(^^;

確かに、具材はなんだかキムチっぽいものも入ってるんだけど、
あえて「キムパプ」とか言われても、ソウルの大通りの歩道で
食べようが、やっぱり「太巻」なんですね。

それでもねぇ、普通のおにぎりに比べると
結構な量なのさ(^^)v

1本食べたら、割と満足よん♪

って事で、飢えをしのいだアタクシ…

再度「景福宮」目指して、歩を進めるのでありました。
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-09-02 10:36 | チャングム&韓国

さて、「徳寿宮」のひとつの特徴として、

韓国建築物と西洋建築物の混在

ってのがあります。

その名もまさに、「石造殿」

b0156645_1082391.jpg


いくらなんでも、そのまますぎやしませんか?と…(^^;

さらに、もうひとつあるのが 「石造殿 別館」…

b0156645_1084388.jpg



追い討ちかけて、

あまりにもそのまますぎやしませんか?と…(^^;

とは言ってもねぇ、このあまりに普通の、古さも特に感じない洋館…
建てられたのは、Part1でも紹介した、他の木造建築物と
同じ頃なんだよね。

変な感じよ(^^;
こっちはほら、「遺跡巡り」ってイメージからすると、
そんな「普通の洋館」なんてそのカテゴリに入ってないわけじゃん?

実際には100年も前の建築物なんでね、もちろん貴重なわけですが、
なんかイッショクタに見るのは、気分的、感情的に違和感あります。(^^;

木造建築物では、他にも

・浚明堂
・即祚堂
・咸寧殿

等の建築物があって、敷地内をぐるぅ~~と一周!

でね、この「徳寿宮」の敷地自体が公園みたいな感じなのさ…
なもんで、デートコースなんだってさ…
たしかに若いカップルもいましたね(^^)

「お昼休み時間限定フリーパス」なんてのもあるんだよ。


あと、おもしろかたったのが
ぽつんと剥き身で展示されている「宝物」達…

中には、国宝もある…(^^;
それが、この世界最古最大の時報付水時計…

b0156645_1091273.jpg



時間になると、鐘をならしたってんだから凄い…

そして、銅鐘、

b0156645_1093538.jpg




更に、木製のミサイル発射装置…(^^;
これすごいよね。パトリオットミサイル出てきそうだもん…

b0156645_1010843.jpg



初夏の花なんかも、観賞しながら、
ゆったりと回ることができた「徳寿宮」です。

b0156645_10125497.jpg


9:30と14:00には、無料の日本語ガイド
あるのですが、今回先を急ぎますので、
「自らガイド」により、散策させていただきました(^^)

韓国遺産巡り… オープニングとしては、
なかなか満足の行った「徳寿宮」でございました (^^)v
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-09-01 10:13 | チャングム&韓国