★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


パムッカレのホテルは「リッチモンド」というホテル、
なんか聞いたことある名前だね(^^)

しかし! なんだかしらんが、Webサイトは妙にしょぼい…
http://www.richmondhotels.com.tr/eng/pamukkalespa.asp

しゃぁ~ないから、旅行ガイド的なサイトで探すと…
http://appleworld.com/hotelinfo/hotel/04019343

なんだか、写真がメチャメチャ古い(^^;

とはいえ、
前回も書いたけど、なんつったって一番の特徴は「温泉旅館」だってこと…

ツアー出発前の案内にも、
「温泉プールがあるから、水着もってこいよ!」
って書いてありましたからね。

ちょっと楽しみ… (^^)

けっこうでかいホテルでねぇ~

ロビーから延びる通路は、延々と部屋が続いてる感じなんです。

で、ガイドさんから鍵を貰って部屋へ入ってまずする事は…

ポーターさんが持ってきてくれる荷物を待つこと…

荷物がないと、なぁ~~~んも始められないからね。

って事で、待つことしばし…

待つことしばし…

更に、待つことしばし…

でもって、待つことしばし…

ずぅ~~~~~~~っと、待つことしばし…

おぉ~~~~~~~~~~い!
いつになったら、荷物来るんや?


そろそろ?

もう来る?

あ! 来たかも?

部屋の前の廊下にでて、
辺りの様子をうかがったり。

同じツアーの人の、荷物の配布状況はどうなのか
探ってみたり?

部屋と廊下を行ったり来たり… (--;

なんせ、ほんと荷物が来なきゃ、
なにも始められないからね(^^;

全体的に遅れているのならいいけど、
「自分の荷物だけなんらかのトラブルに??」
って事も、考えてしまうわけじゃないですか!

廊下を見ると、まず、近い部屋の荷物をいくつかまとめて
置いて行くみたいなんだよね。

最後には、勝手に見つけ出して、持ってきちゃったよ…(^^;

とまぁ、そんなこんなで、すぐに夕飯の時間…(--;

レストランへと向かいますと…
ホテルがでかいだけあって、
レストランもでかい!!

ツアーの名前が書いてあるテーブルを探し出し、
席に座ると、足元に不審な影が…

謎の生命体か!!!

更に不審な影が…
あっちへ行ったり、こっちに来たり…

謎の生命体か!!!

このホテルのレストラン…
「猫屋敷」でした。 ウハハハ…

野良猫がいっぱい入ってくるみたいなんだよね。
でもっていけないのが、客が食べ物をやるんだろうね。
まさに、「味をしめている」わけですよ!

足元を、まさに猫なで声でウロウロする猫たち…
確かにかわいいけどさぁ~ 衛生的にはいかがなものか?と…
しかも、それなりのホテルのレストランだからねぇ(^^;

従業員に言っても、完全に「イタチごっこ」の様相…

そんな中、一番最初に頼んだビールが来ない(--;

いつまで経っても来ない… (ーー;


♪はっ!

♪荷物はねぇ!

♪ビールもねぇ!

♪野良猫あちこち走ってる

♪オラ、こんなホテルやだぁ~
♪オラ、こんなホテルやだぁ~

(吉幾三な感じで… (^^;)


やばいよね? かなりヤバい雰囲気じゃね? (^^;

ホテル リッチモンド… まじで大ピンチだよぉ

って事で、続きは次回… (^^;

※続きは《Season2》にて…
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-15 09:15 | トルコエクスプレス

トルコについての二日目の日程も一応終了です。

後は、ホテルに向かうだけ。
パムッカレは温泉がわいてるだけあって、
付近は「観光温泉ホテル」だらけ!!

いいねぇ~ 「観光温泉ホテル」… いい響きです(^^;

なので、パムッカレの石灰棚から、ホテルまではすぐ!

とは言え、今日もたぁ~~くさんバスに乗りました。
実はこの日、前日からのもくろみ通り最前列をゲットできたのね(^^)

つっても、ほんとうの最前列はガイドさん、
(日本からのKさんと、エイレンさんね)
が使用してるので、物理的には2列目なんですけどね。

でまぁ、ちょこちょこと邪魔にならない程度に
ガイドさんと話もしい~ので、バスの旅をしていたのですが、
なんかガイドさんを Kさんと呼ぶのも堅苦しいので
名前で呼ぼうって事で、名前を聞いてみました。

サチコさんって言うんだってっさ!

で、「さっちゃん」じゃあまりに普通なので、
「サッチン」と呼ぶ事にしました。

でも本人に言うときは「さちこさん」だったけどね(^^;

内輪で呼ぶ時は「さっちん」って事で…

さて、
「カッパドキア気球オプショナルツアー」
の事覚えてますか?

忘れちゃった方は こちら => 「トルコ国内バス移動 出発編」

その締め切りが、今まさに迫ってきてたんですね。

悩みました。

さんざん、悩みました。

だって、約2万5千円よ?

安いツアー探して、いろいろ切り詰めてここまで来たのに、
2万5千円は痛いよね(^^:

しかし!

上記記事でも書いてる様に、
ガイドさんは「ほんとうにすばらしい」って言うわけよ。

よくよく考えたら、もう一度来る事ってすごく確率低いと思うわけ。
同じ資金と、同じ時間を確保できたなら、きっと違う所に行くよね?

それと…

ただでさえ迫力と不思議満載の、あの「カッパドキア」の景観を
空から一望したら????

どんな気分になるんでしょう?
どんな感動が待ってるんでしょう?

出発前に、即行却下したのは、単に値段の問題からでした(^^;

この機会を逃したら…
たぶん、いやほぼ間違いなく、一生体験する事はないでしょう

もう一度来る時は、またもや旅行費+2万5千円だからね(^^;
今だったら、2万5千円のみで、未体験の感動が私のものに…

って事で!!

サッチィ~~~~ン!!

(昔「それ行けカッチン」って番組あったけど…)

サッチィ~~~~ン!!
気球オプショナルツアー申込みまぁ~~す! (^^)/


踏ん切りつけて申し込んじゃったら…
なんだか、期待は高まるばかりよ <= 超単純!

空からのカッパドキア… どんな眺めなんでしょうか???

って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-14 10:03 | トルコエクスプレス

「パムッカレ」っちゃぁ、

真っ白な石灰棚と、そこに溜まったマリンブルーの水

そのコントラストだよね。
まぁ、その景色のきれいな事…

昔テレビで見たあの光景を、生で、間近に見られるとはねぇ(^^)

って事でたどり着いてみると…
b0156645_9595859.jpg


なんだか、イマイチ想像していたのとは違う(^^;
若干 コキタナイ感じ…

確かにね、すでに「夕方」ってのもある。
でも、それにしてもって感じなんだよなぁ~

実は、ここの水は温泉なんです。
なので、この景色の中に足を踏み入れ、
足湯も体験できるとの事なんですが…

なんだか、最近はすっかり温泉不足なんだそうな…
それも、この世界的に有名な観光地に林立するホテルで
この温泉を使いすぎて、足りなくなってるんだってさ!

「なんてこったい!」

って、話だよね。
それでも、全く水がないわけではないので、
せっかくだから、靴を脱いで水の中に入ってみました。

結構冷たい… (^^;
本来なら「足湯体験」のはずなのに…

でも、あの石灰棚に超接近して、触れられちゃうんだからね!
(中に入った状態で撮影)
b0156645_1011316.jpg


これはこれで貴重な体験です(^^)

って事で、しばしこの不思議な形の石灰棚を堪能!

で、最初に案内された所の反対側にまわると…

b0156645_10218100.jpg

「パムッカレの夕日」でございます。

なんかこのパターン多いね(^^;
「トロイ」といい…
「江ノ島」といい…

で、ここから見た景色が、アタクシが知っている
「パムッカレ」の景色に一番近かったかな…

b0156645_103410.jpg



さて、「パムッカレ」と言えばこの石灰棚ですが、
実はもうひとつ見所がありまして…

ここ、古代遺跡でもあるんです。
「ヒエラポリス遺跡」って言うんだよ。

全体像(イメージ)は、こんな感じね。
b0156645_1051336.jpg


でも、本格的な観光は今回ありませんでした。
「通りすがらの確認」って感じですね。(^^;

そして、遠目に見た「大劇場」…
b0156645_1061112.jpg

収容人数は、約1万人… 武道館並ってことやね。


ちょっとSFちっくでさえある、
不思議な景観の「パムッカレ」…

もちろん、ここは「世界遺産」ね! (^^)/

「トロイ遺跡」に続き、
トルコでふたつめの世界遺産制覇です(^^)

つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-11 10:07 | トルコエクスプレス


次の目的地は

「パムッカレ」

と言う所…
きっと、1度や2度はテレビで見たことあるんじゃない?
「エフェス遺跡」から「パムッカレ」までは、約185Km…

またもや、遥か彼方でございます(^^;
では、位置関係をご覧くださいませ。
パムッカレへの道!

でまぁ、3時間ほどバスに揺られるわけですが、
例の「深海のyrr」なんてSF小説を読んだり、
景色を眺めたりして過ごす間に、
要所要所でガイドのエイレンさんのお話があるんですね。

途中、ある小さな集落
-こんな小さな村の様な所を、
こんなでかい観光バスが通っていいのかいな?
ってな感じの所-
に差し掛かりますと、
「村の風習」についての話が始まったんです。

それは、村の若者の「road of marriade」
「結婚への道」の話…

って事で、その話をここでご披露いたしましょう! (^^)v

あぁ~~、もう! お得なBlogだなぁ~ (^^)

この村の結婚は、あるしきたりの元にゴールを目指すんです。

男女とも思春期を迎え、「そろそろ結婚してぇんだけど…」
って事になりますと、その「意思表示」を行うらしいんですね。

つまり! 「彼氏(彼女)募集しちゃうよん♪」って事を
近隣に知らしめるわけです(^^;

おっと、違った! その前に、本人が、家族に向かって、
その意思表示をするんですな…

まずは、その意思表示からして、しきたりに則って行われるんです。

まず男子!! (^^;
夕飯は家族団らんでとるわけですが、ここで
「そろそろ嫁はん欲しいんだけど…」って男子は、
夕飯を食わずに、飯の上にスプーンを立てるんだとか…

そうすると、家族は
「よっしゃ、わかった! 嫁はん探したろ!」
となるわけですな…

一方女子はって言いますと…
「そろそろ嫁に行きたいわ」となりますと…
なんと! 自分の家の屋根に、「ビン」を置くんですと…

そして、この風習は今でも続いているんだとか…

と、聞いた瞬間、みんな血眼ですわ! (^^;

バスの窓から見える家の屋根を、必死でチェックするわけです。

「あ、ありました! あそこにも、ありますね」

と、ガイドのエイレンさんが教えてくれます。

で、めでたくスプーンを立てた男子の家が、
このビンを立てた家を見つけますと、
男子が女子の家にご訪問となるんだってさ…

ま、お見合いですわな(^^)

でもって、帰り際… 男子にはその時点で判決が下されるんです。

脱いだ靴の中に
「砂糖」が入っていればOK!
「塩」が入っていればNG!

なかなか、おもしろいシステムです
舐めてみなきゃわかんないよね?(^^;


「砂糖」が入っていて、めでたくゴールインすると
結婚式は3日間にわたって繰り広げられるそうです。

1日目は、嫁さんのさよならパーティ
2日目、3日目は500人位を招待しての盛大なパーティ

盛大ですわな(^^)

どう? なかなか面白話でしょ?

しかし!

ほんと、やなやつだなぁ~と自分で思うのですが…
なんか、現在でも続くこの風習を象徴する屋根のビン…
微妙にやらせっぽい感じもなきにしもあらず…(^^;

「ちょっとちょっと! あの家のビン…
もう3年も置きっぱなしだけど、大丈夫なのかねぇ?」


なんて事にならないのかなぁ~ と、
いらぬ心配までしてしまいました(^^;

そんな話も聞きつつ…
バスは「パムッカレ」に近づくのでございました。

あ! そうだ、長距離バス移動の時は必ず、ドライブインっぽい所で
休憩があるのですが、そこで「ざくろジュース」を飲みました。

b0156645_1013088.jpg


これがすごいよ! 絞りたての果汁100%の「ざくろジュース」…
東京でザクロ買ったら… ってか、高くて買えないやね。

そんなザクロをたっぷりとしぼったこのざくろジュース…

スッパイのなんのって! (* 。 *)

この世のものとは思えない酸っぱさ! (^^;
でも、うまかったけどね(^^)

って事で、つづく…
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-08 10:13 | トルコエクスプレス


古代の遺跡探検が終わりますと、すぐに昼飯… (^^)/

ホテルを朝7:00に出発して、

・ファッションショー
・エフェス遺跡
・アルテミス神殿

と回って、現在13:00…

そりゃ、腹も減るやねぇ (^^;

って事で、昼食はアルテミス神殿の近くのレストラン…

中は、こんな感じ…

b0156645_9483781.jpg


まずは、スープ!!
b0156645_111946.jpg

インドの時もそうだったけど、
必ずこの「トマトスープ」が最初に出るのよ♪

でもって、どこのもほとんど同じ味ね♪
続いては「サラダ」「アイラン」

b0156645_949775.jpg


「アイラン」ってのは、ヨーグルトドリンクなんだけど、
「トルコに行って、これを飲まずに何を飲む?」
って位なモノ… (^^;

なんせ、ヨーグルトドリンクつったって、「塩味」だからね!
「韓国のトマトジュース」の逆バージョンみたいな… (^^;

塩味ってのはすごいやね。
更には、アワアワ状態… このアワアワな状態が特徴の一つ…

店先には、このアワアワ状態を作る「アイランマシーン」が設置され、
ブクブクと泡を立てておりました。

これがまぁ、「激ウマ!」って程じゃないんだけど、(^^;
それなりにはうまい… そしてなんと言っても「トルコっぽい」…

この先、トルコでの滞在中は何度か飲む事になります(^^)

あ! そうそう… サラダ… ドレッシングも塩もなしです。(^^;

これさぁ~どこへ行っても、そうなんだよね。
なので! お好みのドレッシングを
持参するのもいいかもしれません。 (^^)


つづきましてはこれ…

b0156645_9493526.jpg


えっと、ポテトだったかな??
忘れちゃった(^^;

そして、メインは「シシケバブ」
「シシケバブ」ってのは、串焼き料理の事ね。
b0156645_950396.jpg


お断りしておきますが、すでにアタクシが
食い散らかした状態を撮影したわけではありません。

最初から、こんな
エキゾチックかつ、
アグレッシブかつ、
サイケデリックな
盛りつけ具合だったんです。 ウハハハ…

わかりやすく言うと、焼き鳥乗せライスみたいなもんだわね。
見た目も味も…

「ま、こんなもんだろ…」

と、かるぅ~く平らげて、最後はデザート…

b0156645_950226.jpg


これもトルコ料理の定番、「ライスプディング」
なんだか、ハンペンの醤油焼きみたいだね(^^;

可もなく不可もなく…
みたままの料理でございます。

いや、別に文句言ってるわけじゃないのよ、
だってツアーの値段を考えればねぇ(^^;

ま、こんなもんでしょ? アハハ… (^^)

前日の昼飯に比べりゃ… って事っすかね(^^;
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-04 09:51 | トルコエクスプレス

いやぁ~「エフェス遺跡」の遺跡っぷりは、感動モノでした(^^)

でもって、「エフェス遺跡」の次に向かうのは

「アルテミス神殿」

なんか名前くらいは聞いたことある感じじゃない? (^^;

そりゃそうだよね! なんつったって、
あの「世界七不思議」のひとつなんですから…

今や「新・世界七不思議」なんてのも騒がれてますが、
元祖「世界七不思議」もまだまだ現役のものもありますからね。(^^;

この際、ちょっと復習しておきましょうか…

・ギザの大ピラミッド
・バビロンの空中庭園
・ハリカルナッソスのマウソロス霊廟
・ロードス島の巨像
・アレクサンドリアの大灯台
・オリンピアのゼウス像

そして、

・エフェソスのアルテミス神殿

と、なるわけです。
「アルテミス」ってのは、女神の名前ね。

ま、上の記述からもわかる様に、
「エフェス遺跡」からは、一応バスで移動するのですが、
早い話が、この「アルテミス神殿」も「エフェス遺跡」の一部
とも言えるわけなんですね。

って事で、例の地図で位置関係確認していただきましょう! (^^;

今どこ? がすぐにわかる Googleマップ
※なんと! Googleマップが世界中日本語表示になってます! すげぇ!

まさか… 「世界七不思議」のひとつを訪れる事になるとは…
不思議大好きなアタクシにとっては、非常に感慨深い事ですわ!

なんつったって、例の
「空飛ぶ円盤捜索隊」 参照 => 『空飛ぶ円盤捜索隊』
は、
「もっと手広く"不思議"を扱おうぜ!」
って事で、「ななふしぎ」を略して「なふ=>NAFU」とし、
「NAFU捜索隊」と名乗っていた事もある位ですからね!

って、どうでもいいよね。そんな事… (^^;

ま、とにかくヒトカタならぬ思い入れがある「世界七不思議」…
そのひとつである「アルテミス神殿」…
いよいよ、ご対面!

って事で、目の前に広がる「アルテミス神殿」はこんな感じ!!

b0156645_9361041.jpg


って、柱一本だけかよ!! (^^;


「世界七不思議」のひとつ、「アルテミス神殿」ですが、正式には
「アルテミス神殿
なんですね(^^;

ま、わかりやすくいいますと、「廃墟」って事ですわ
とは言え、実際にここに、この場所に、古代のすげぇ建築物が
あったって事だからね。

点々と見られる柱の台座部分だけでも、
なんかワクワクするもんですよ(^^)

でまぁ、これだけでかい一本の柱がそびえたってますと…(^^;;;

笑っちゃうんだけどさぁ~
こういうのって、かならずあるものになぞらえられちゃうんだよね。

バスを降りて、この「アルテミス神殿」に向かう小道では、
小さな露店みたいなのが、いくつかあるんですね。

そこで売っているは、男性の人形…

もうわかるよね? ウハハハハ…

写真は撮ってこなかったよ。
モザイク処理が面倒だからね。

ま、田舎に行けばよくある「秘宝館」的な
趣を想像していただければいいかな? (^^;

このおみやげ群を見た時にゃ…

古代遺跡への畏怖も、憧憬も、すべて吹き飛ぶよ!(--;
雰囲気ぶち壊しですわ! (^^;


って事で、次回へつづく…
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-09-03 09:38 | トルコエクスプレス

さ! いよいよ「エフェス遺跡」のメインへと足を運びます!

って、実は、前回掲載した画像にすでに写り込んでいたんだよね(^^;
↓これね。
b0156645_10252694.jpg


ずぅ~~っと、奥の方にちっちゃく見えてるんだよね。
これが! 「エフェス遺跡」の紹介では、からなずメインを張っている。
★「セルスス図書館」★
他にも、
「セルシウス図書館」
「セリシウス図書館」
「ケルスス図書館」
なんて、表記、またわ言われていたりします。ややこしい!! (--;
b0156645_9585120.jpg


なんでかしらんが、不自然なほどこの名前ってマイナーじゃね? (^^;

例えば!
・タージマハール とか…
・アンコールワット とか…
・ブルーモスク とか…
結構頻繁に聞くような気がしませんか?

でも、「セルスス図書館」って… (^^;

ま、たしかに「エフェス遺跡の一部」ってな扱いに
なってしまっているのかもしれないわけですが…
この、遺跡具合を見よ! って事じゃん!
b0156645_9591852.jpg


もう、「どこがどう図書館なんだよ!」って感じも含めてですね。
まさに、古代遺跡なわけじゃん! (^^;

もっと近づくと、こんなだよ? ↓
b0156645_9594047.jpg


これがねぇ、以前説明した「コリント様式」で2階部分が、
1階部分は「イオニア様式」で作られてるんだってさ!

さらに上を見上げると、まさに芸術作品…
b0156645_100241.jpg


なのに! なのにだ! ここ… 「世界遺産」じゃないんだよね(^^;
なんでやねん! これだけワクワクさせてくれるのに
「世界遺産」じゃねぇってのは、微妙に納得のいかないところだぁね。

とここで! 重大な事実が発覚…
これ… 復元されたものだったんだね(--;
そんなの聞いてなかったぞ!

正面の女神像も、レプリカなんだってさ!
つってもまぁ、存分に楽しませてもらったけどね(^^)


そして図書館側から見た景色がこれ… ↓
なんかしらんが、ええ感じでっしゃろ? (^^)
b0156645_1003491.jpg


そして、続いて現れるのが
★「アゴラ大市場」★
b0156645_1021350.jpg


更には、
★「アルカディアン大通り」★
b0156645_104473.jpg

ここは、あれだってよ!
クレオパトラとアントニウスが並んで歩いたんだってよ!

でね、この↑画像…
実は、「エフェス遺跡」のもうひとつのメインであるところの(^^;
「大劇場」への入り口部分から撮ったのさ…

つまりすぐ後ろが「大劇場」…
その「大劇場」ってのが、まぁ、想像を絶するでかさなんですよ!

★「大劇場」★
b0156645_1043357.jpg


客席から見下ろすと、↓な感じ…
b0156645_10449100.jpg


下の人がいるところは、今でいう「奈落」部分なんだってさ!
一番奥にある柱の高さがステージの高さって事らしい…
ちゃんとした作りになってるよね。

収容人数は、約24000人!
すごいよね。

つっても、ここまでの画像じゃそのでかさがイマイチ
伝わらないかもしれないね。(^^;

そこで、上記「アルカディアン通り」を歩いて、
いよいよ「エフェス遺跡」ともお別れって時に振り向いてみますと…
b0156645_1051974.jpg

どうよ? でかいっしょ?
完全に、「隕石落下の痕跡」じゃん!
クレーターだよ! クレーター! (^^;

って事で、大満喫の「エフェス遺跡」…
最後の最後は、
★「墓場」★
b0156645_1054516.jpg


にて終了… (^^;

あぁ~~、遺跡ってほんとワクワクするねぇ~
はるばるトルコまで来た甲斐があったってもんだわね。

でもって、つい最近の事(現在2009年08月25日)
テレビで、この「エフェス遺跡」について見る事になったんですね。

その話は、以下を参照してください!
『 NHKスペシャル 【エジプト発掘 第1集 ~ 第3集】』



って事で、トルコの旅はさらにつづく!
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-08-28 10:09 | トルコエクスプレス

とにかく、
必死に見て!
ガイドさんの説明をメモって!
写真撮って!!

の、「エフェス遺跡」観光なので、
そのまま、その通りに、今回も進めます(^^;

入口から、前回の「Nikeのレリーフ」までは、若干の上りなんだよね。
で、ここから少し下るわけ…
眼下に遺跡が広がる感じね。
だから、入口入ってすぐの風景は、若干さみしげな感じ…(^^;
b0156645_10252694.jpg

ここは「クレディア通り」って言うらしい。
この通りも見どころいっぱいなのね。

まずは
★「ヘラクレスの門」★
b0156645_10262582.jpg

絶好の撮影スポットでしてねぇ、
人のいないショットを撮るのは無理でした(^^;

★「トロイヤヌスの泉」★
b0156645_1027226.jpg

ガイドさんは「トロイヤヌスの噴水」と説明してくれました。
きっと泉っつったって、凝った作りになっていたんでしょうねぇ~

★「モザイク舗装」★
b0156645_10272395.jpg

道路が「モザイク」で舗装してあるんだわ!
画像を見てわかる様に、非常に細かいモザイクにて、
模様が作られてるでしょ?

でもってこれがずぅ~~~~とつづくわけよ!
b0156645_10274515.jpg

しかも、よくみて!
微妙に紋様が変えられてるんだよね。
おもわず、「ひまだねぇ~~~!!」って思っちゃうよね(^^;
1200年位前に作られたらしいよ。


★「ピンク大理石」★
b0156645_10284440.jpg

ピンクの大理石でできた柱。
珍しいらしい…(^^;

★「ハドリアヌス神殿」
b0156645_10285945.jpg

ローマ時代の建築物
ハドリアヌスっていうのはローマの皇帝ね。
このアーチ状の構造が特徴なんだね。

アーチの中央は「女神ティケ」
b0156645_10292778.jpg


奥の方に見えるのが
皆様お馴染みの「メデューサ」
b0156645_10294713.jpg


じっと見ると、石になっちゃうかもしれないからね(^^;
早めに、退散… (^^;


続きましては、ある意味「エフェス」のメイン!
★「公衆トイレ」★
で、ございます。
b0156645_1030699.jpg

ここでは、皆、恥も恥じらいもなく、この穴の上に腰かけて
記念写真を撮るのでございます。 ウハハハ…


って事で!
「エフェス遺跡」見どころいっぱいだね! (^^)

なんつったって、まだまだ続くんだから!
しかも、ここからは、本当のメインイベントだからね。

乞うご期待! (^^)v
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-08-24 10:31 | トルコエクスプレス


さっ!

ファッションモデルの体験も終え(^^;
いよいよ、お楽しみの「エフェス遺跡」に到着です!

まずは、入口のゲートを入った所で振り返った景色…

b0156645_9583154.jpg


すごい数の観光客です!
でもね、もっとすごいのは、この「エフェス遺跡」の規模ね。
押し寄せる観光客も、その敷地内に一旦のみ込まれると、
けっこうまばらに見える感じになっちゃうんだよね。

それだけここがでかいって事…

で、すぐに目に入るのがこれ…

b0156645_9591885.jpg

★「ヴァリウスの浴場跡」★

いいねぇ~ この「いかにも遺跡」ってな感じが(^^)

これは、あとで調べてわかったのですが、
「公衆浴場跡」の様です。


で、前途に広がる、これから探検する遺跡を見渡すと、こんな眺め…

b0156645_1012053.jpg


しばし歩くと、登場する見所が「小劇場」です。

b0156645_1014748.jpg

「トロイ遺跡」の所でもいいましたが、
「小劇場」「大劇場」と両方あるのはほんとすごいよね。

こっちの小劇場はそれでも、2700人位収容可能だとか…
「小」っつっても、かなりでかいよね?(^^;

b0156645_1021632.jpg

★「オデオン」★

どんな演目に使われてたんでしょうね?

アングラ劇団の芝居もありぃの…
人気コンビのお笑いコントライブありぃの…
音楽会もありぃの…

そんなんだったらおもしろいのにね。

で、さらに驚くのが、細かい細工。

b0156645_1034194.jpg


席と階段の境には、彫刻が施されています。
えっと、なんかの足って言ってたと思ったんだけど…(^^;

続きましては「市役所」… (^^;
すごいよね。市役所があったってんだから…
その一角にあるのがこれ…

b0156645_104597.jpg

★「プリタネイオン」★

ここには、数世紀にわたり「永遠の火」が灯され続けたとか…
オリンピックの聖火みたないもんかねぇ~
だいたい紀元前1世紀位のものみたい…

この「エフェス遺跡」は紀元前2000年位から、
何世紀にもわたって続いた古代都市らしいのね。

だから、その時代時代で「建築様式」が異なるんだよね。

「ドリア様式」やら
「イオニア様式」やら
「コリント様式」やら
ってのがあってね、柱なんかは顕著にその違いがわかるらしく
その都度説明してくれるんだけど、イマイチ全部を把握しきれず…(^^;

ドリア式:シンプルな構造
イオニア式:左右対称の渦巻きが特徴
コリント様式:複雑な構造

どれがどれかわかるかな? (^^;

1)
b0156645_1053345.jpg


2)
b0156645_1061659.jpg



1がイオニア、2がコリントだと思うんだけど…
自信なし(^^;


続きましての見所はこれ…

b0156645_1064954.jpg

★「メミウスの碑」★


正面に回るとこんな感じね。
b0156645_107927.jpg


「エフェス」の支配者なんだって!「メミウス」ってのは…


でね、ここには、こんな彫刻があるのさ

b0156645_108093.jpg


なんか見た事ある感じだね。
説明によると、「聖火」の元になってるデザインだとか…

でも、ある所では
「蛇と注射器」で病院のマークなんだとか…

どっちやねん!(^^;
どこが注射器なのかわからん(^^;


次はこれ!
b0156645_1083553.jpg

★「ドミティアン(ドミティアヌス)神殿」★

ローマ皇帝ドミティアヌスが自分を祭る為に作ったんだって!
これは、結構でかいよ!
残骸は一部しかありませんが、存在感は凄いです!


そして次はこれ!
b0156645_109342.jpg

★「NIKEの女神」★


そう! nikeよnike! ニケね(^^;
ナイキの語源となった女神さまだそうです。


ふぅ~~…
なんだか、普通の単なる説明的旅行記になってきてるな…(^^;
ま、あたくしの復習も兼ねてるんで、
しばしお付き合いくださいな。

つっても、なんだかこれ、非常に疲れるので、
今日はこの辺にて… (^^;

じゃまぁ、例の如く
Googleマップで位置を確認しておきましょうかね。(^^)

今どこ?がわかる Googleマップ <= クリック
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-08-21 10:10 | トルコエクスプレス

やっべぇ~~~~!!
だいたい半年もかければ終わると思っていたこのトルコシリーズ…

このままじゃ、1年以上かかるかもしれんじゃん! (^^;
今年中に終わるのかな… (--;

ってことで、気を取り直して続きに行きましょう!
トルコに着いての二日目… 本日まず向かうのは、

「エフェス遺跡」…

むかしゃ、「エフェソス」って言ってたような気がするんだけどね…(^^;
で、今調べたら、古代名が「エフェソス」って言うのね。

ここはさぁ、案内とかの写真見ただけで、卒倒しそうな位に
モロに「古代遺跡」なんだよね。

めっちゃ楽しみ!

が!

「エフェス」に向かう前に、まずはこなしておかないといけない
イベントがあるんですよ。それは…

こう言ったツアー旅行ではおなじみの、ヤツ… (^^;
案内を見ますれば、こう書いてあります。

「途中、トルコのファッションショー&皮革製品等即売階へご案内します」

もうお分かりですよね?(^^;
ツアーにはつきもののお買いものタイムでございます。

ホテルを出発してしばらくすると、
ガイドのエイレンさんから説明がありました。

「結構高級な革製品の工場直営のお店」なんだとか…
「日本でも超有名な複数のブランドに製品を卸している」んだそうな…
「ロゴが入っているか?いないか?」だけの差なんだそうな…
なので、「非常に品質がよくお値打ち品」なんだそうな…
でもって、じっくり選べるように、
「ファッションショー付き」なんだってよ! (^^;


って事で到着したのが、

「KIRCILAR」

という、革製品直売所…

b0156645_10384359.jpg


まず通されるのが、専用のファッションショー会場。

b0156645_10392843.jpg

ゆったりとしたソファーにテーブル…
飲み物まで用意され、モデルさんが着用した
商品の番号から購入できるチェック用紙と筆記具が…

すごいね!
微妙にVIP待遇な感じ… (^^)

でもって、はじまりましたファッションショー!!

b0156645_10401155.jpg

どうよ! このいかにもな感じ… (^^;

そしてなぜか、こちらへのカメラ目線… (^^)
b0156645_10404621.jpg

外人のねぇちゃんってだけで、
それっぽい雰囲気満点だよね。 ウハハハ…

つってもねぇ、着るものにはあまり興味のないアタクシ…(^^;
ましてや、いくら相場より安いって言ったってねぇ?(^^;

こんな所で革製品なんか買うつもりは全くないアタクシ…
出されたお茶を飲むのも躊躇する位ですわ!

そしてショーも後半に入った頃でしょうか…

ステージ上を行き交うこのいかにもなねぇちゃんが
いきなり目の前に…

ステージを降りて、アタクシの目の前に…

でもって、手を差し出され…

反射的にアタクシも手を差し出して…

どう見ても、アダムスキー型UFOから降り立つ
金星人に連れされられる、典型的な日本人てな構図にて、
アタクシ、ステージ上に連れ去られたのでございます。 ( ̄o ̄) え?



あ! そういえば…
バスの中で、ガイドのエイレンさんが言ってたわ!
「何人かにモデルをやってもらう事になる」って… (--;

そんなの、自分にゃまったく関係ないと思っていたんで、
スルっと聞き流してたわ! (^^;

おっかしいなぁ~ いつ目を付けられたんだろう…

そして、そのまま、楽屋に連れ込まれ、
膨大な量の中から、おねぇちゃんが革のジャケットを
見つくろってくれて、着せられて…

ウハハハ… 似合わねぇ~~~ (^^;

そして、また手をひかれ、ステージ上へ…

どうも! モデルやってます、kizz_armyですっ! (^^)v

って事で、金星人にアブダクトされた皆々様…

b0156645_10414292.jpg


そんな一世一代ともいえるハプニングも体験しぃので、
ファッションショーは閉幕(^^;
いよいよ、売り場へと歩を進めるのでございました。

って、雰囲気的に「つづく」な感じだけど、
さすがに、「皮革製品販売所」を「前後編」ってのも
なんなんで、このまま続けます(^^;

まずは、ここにある製品がいかに素晴らしいかの説明ね。

b0156645_10423598.jpg


でもって、店内の散策…

b0156645_1043071.jpg


えっとね、最低線がだいたい、7、8万円ってとこ…(^^;

買えるか! (^^;

「このツアー自体の金額っていくらだっけ?」って話じゃん?

店内、結構広大でしてね。
値札から、ざっと、少なめに計算しても、
店内の在庫だけで数億円って感じ…

こりゃ、すごいわ!

とは言え、

「ねぇねぇ、はやく「エフェス遺跡」に行こうよぉ~~!!」

って事でさぁね…(^^;

でもまぁ、折角だからね。
一応、店内一周しまして、店の外へ…


しかし、わざわざこんな所で買う人いるのかねぇ??


っっっって! いたよ!


今朝、ホテルの朝食にて「スープ事件」を起こしてくれた
例のN氏…

でっかい袋を抱えて、バスに戻ってきました。

すごすぎるぜ!

もう、N氏から目が離せなくなってきましたね。 (^^)
[PR]

by kizzarmy_travel | 2009-08-18 10:49 | トルコエクスプレス