★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

「明洞」

言わずとしれた、ソウル… いや、韓国イチの繁華街でございます。

なんだか、一時は若い衆を他の街に取られていた様で、
「韓国イチ」の座を奪われたかのような感じもあったらしいのですが、
最近はまた盛り返しているとか…

実は、「骨付きカルビ」の「炭火焼肉 三千里」も、
お金を下ろした「ATM」も、その「明洞」の端っこの
所なんだよね。

ギリギリ「明洞」の一部、みたいな場所でして… (^^)

中心部も、そこからすぐの所…
路地をチョイチョイチョイと進めば、そこはもう

上野のアメ横…

上野から御徒町方面へ歩いてブラブラと…


って、チャウわ! (^^;

ATMで、お金を下ろした時の事を書いた所でも
言ってるけど、なんかほんと変な感じなんだよね。

だって、日本と変わらないんだもん…

ただただ、看板とか、
商品名とかがハングルになっているだけ…

よくSFとかであるじゃん?

パラレルワールドっちゅうかさぁ~
街並みは同じなんだけど、住んでる人が違ったり
言葉通じなかったり…

まさに、そんな感じなのさ…

お店自体、日本のお店、日本にあるお店が
結構あるからね。

「とんかつ 和幸」もあるんだもん(^^;

ちょっと語弊があるかもしれないけど、
あえて言わせてもらえば、
街自体が「コピー商品」みたいな感じなのさ…

その中で売ってるものが「十六茶」ならぬ
「十七茶」とかなんだもん、そりゃ笑っちゃうよ。

しかも、厳密に言えば、
「看板とか商品名がハングルになっているだけ」
ではなく、
ほとんどのものが、「日本語も併記されている」んです。

そして、街自体が、「BBクリーム祭り」…

普通に「BBクリーム」って書いてあって、
「IKKOさんオススメ」だとか
「IKKOさんがこの店に来た」だとか、
日本語で書いてある…

お店に入れば…
いや、入る前から日本語で話かけてくる…

注意書きやら、宣伝文句も、日本語日本語日本語…

ほんとうに、不思議な感覚でした。

「外国に来ているのに…」

もちろんね、そこには「歴史」ってモノが
大きく影響している事もわかりますよ?

でもね、あきらかにそれだけじゃないわけですよ。

商売相手、商売自体としての
「日本」や「日本語」ってものがそこにある。

「反日感情」だの、「竹島問題」だのと
言っている一方で、そういう街がある
という現実もあるわけです。

そういう事も含めて、
ほんとうに不思議な感じでした。

そして、それは、単純に「その国の歴史」への
興味へと昇華していく感じがしましたね。(^^;

みんな、あの街へ行って何を思うんだろう???

日本人観光客はもちろんの事、
地元の若い人達とかさ…

とまぁ、そんな事を思いながら、
アタクシ、一件の眼鏡屋さんに入っていくのでした… (^^;

つづくぅ~~~
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-11 10:39 | チャングム&韓国


大問題発生!!!



【 金浦空港 ~ シティパレス ホテルへ 編 】

を読み返して見ると、かるくぅ~~く流しちゃってるけど…
実は、(インドの時もそうだったけど…)いくら両替するか?
ってのが、非常に問題なんですよ!!

一般的に、空港が一番レートがいいって言うからね。
最初にそこで一度に両替しちゃえば、一番いいんだろうけど、
下手に余らせると、折角のいいレートが無駄になっちゃう。

日本円に両替するときのレートの方が、割高だからね。

でまぁ、「とりあえず」って事になるわけですが、
初日、昼飯食った時点で、
スッカラピィ~~~ン!(スッカラカンのパーソナル方言(^^;)

チャングムんところで、お土産結構買ったでしょ?(^^;

「龍の髭」やら、「マッコルリ」やら、「DVD」やら、
そこに来て、とどめの如く、骨付きカルビ等諸々食いすぎ…

アタクシの財布、大ピィ~~~~~~~~~ンチ!

って、ピンチもなにも、ほんとに限りなくゼロに近し…(^^;

いやほんと、ちと使いすぎた(--;

と、ここで慌てず騒がずとりいだしましたるは、1枚の地図!!


「新生銀行 ソウル市内 CD、ATM設置場所」


前回に引き続き、
「ったく、便利な世の中になったもんじゃて…」
ってヤツよ(^^;

この地図と、手持ちのソウル市内の地図での
現在位置を重ねますってぇと、ATMのひとつが、
今いる「炭火焼肉 三千里」の目と鼻の先に… (^^)/

ふつぅ~~~に、ATMにカードを入れて、
ふつぅ~~~に、金額押して、
ふつぅ~~~に、ウォンの札が…

変な感じ… (^^;

ほんと変な感じなんだよね。
これがね、明洞の賑やかな所に行くと、さらに顕著な
「変な感じ」を味わう事になるんですが、
それは又追々ね(^^;


で、びっくりついでに、もうひとつびっくりした事を
書き忘れたいたので… (^^;

アタシャ、腕時計って嫌いでね。
一時、デジタルの懐中時計を探し回ったりした
事があったんですよ。

これが、携帯電話の出現で一気に解消の方向に進みましてね。

電話としての機能より、
時計としての機能に重宝してるような状態なんです。(^^)

韓国って、日本と同じ時刻を使ってるんですね。
だから、これもふつぅ~に、旅行中も携帯電話を
時計代わりに使おうと思っていたわけです。

携帯電話本来の機能は使えなくてもね。

で、空港から送迎車の中で、携帯電話を取り出し
電源を入れて、時間を見ようとしたら…

いわゆる「バリサン」って状態なんです。
当然「圏外」と表示されると思っていた
アンテナマークがフルに点灯!!

「なんじゃこれ??」

と、思っているとすぐに一通のメールが…

「普段の契約の料金には含まれない別料金になるけど
普通に携帯電話使えるからよろしくね!」

ってな、意味合いのSoftBankからのメールが…

続いて、電源を切っていた間に、送信されたと思われる
メールが普通に受信されて…

こんな便利なことになっていたとはね!
知らなかったよ…

「ったく、便利な世の中になったもんじゃて…」 (^^;


もちろん、とは言え、
いくら取られるかわかったもんじゃないからね。

メールも、電話も使いませんでしたけどね(^^;


さて、軍資金も補充できたところで、
「明洞」の街へ繰り出す事といたしましょう!!
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-08 10:39 | チャングム&韓国


スイマセン、間違ってました。

昨日、「薬局 三千里」なんて書いてしまいましたが、
帰り際に見たら、 「三千里 薬品」でした(^^;

あ、そんなんどうでもいいですか? そうですか…(^^;

って事で、あの韓国の中心街「明洞」にある
焼肉店「三千里」のお話…

ってか、「骨付きカルビ」のお話… (^^)

じゃ、まずはどんなお店なのか見ていただきましょう!!

「炭火焼肉 三千里」 ← クリック

ったく、じいさんの口癖の様に年がら年中言ってるけど、
ほんと便利な世の中になったもんじゃて… (^^)

韓国のお店なのに、
「こんなお店だったんです」
って、見てもらえるわけだからね。

上記のページの上部…
ネオン看板の写真の右側…
店内の写真があるでしょ?

アタクシが座ったのは、手前の座敷タイプじゃなくて、
その奥に見える、ついたての向こうのテーブル席でした。

注文したのは、当然「骨付きカルビ」… (^^)

でもって、「ユッケ」と、「ロース」と、ごはん…
最後に冷麺ね。

最初に運ばれてきたのは、注文しなくてもOKな
キムチとか、ナムルとかの前菜的な小鉢…
5品位あったかな… それと、「サンチュ」ね。
これがねぇ、結構な量なんだよね。

続いては「ユッケ」…

うむ、なかなかうまい!
刻んだ梨がさっぱりさせてくれて… (^^)
てな感じ…

もらったチケットでの、サービスビールと一緒に堪能!

そして、いよいよ焼肉…

本場の「骨付きカルビ」いよいよ体験!!


「ふむ…」 ( ̄~ ̄) モグモグ

「うむうむ…」(・~・)

「なるほどなるほど…」( ̄~ ̄;)??






これがねぇ~
なにがいけないのか、よくわからないんだけど…

別に、大して、おいしくない… (^^;

(≧∇≦)ぶぁっはっはっ!!

( ̄▽ ̄)ノ_彡☆バンバン!


なんなんだろう…

なぜ? どうして?

曲がりなりにも「カルビ」って名のつくものだったら
今までの人生の経験上、ある程度味って予想付くし
「かなりいいカルビ」も、「かなりダメなカルビ」も
一応経験があるつもり… (^^;

あの、みなさんも経験があるだろう所の
「カルビを食べた感動」がないんだよねぇ~

あ! もしかして、日本人観光客相手のお店なのかな?

なんて、思っていると、近くのOLさんが
冷麺食べに来てたしね。

韓国の焼肉ってのが、こういうものなのか?
お店の問題なのか?

比較対象がないんで、全くわからんのですわ!


でね、焼肉だと一皿20000ウォン~なのね。

焼肉二皿だけで、5000円弱位の値段になるわけです。

骨付きカルビは、一皿にふた切れ
(まぁ、それなりの大きさですが)

骨付きカルビでしょ?
ロースでしょ?
ユッケでしょ?
ごはんでしょ?
冷麺でしょ?
あ! プルコギも食べたかな…

それなりの値段なんですわ! (^^)
レジ前で、「あら、結構行っちゃったね」
って、密かに思う位の金額なのよ!

※とはいえ、このお店が特別高いわけではないみたいだけどね。

韓国、初骨付きカルビ…
若干の遺恨を残しました(^^;

上記のサイトでも参考にして、
もうちょっとリサーチすればよかったかなぁ~

更に、この事が、この後の都度都度の食事にも
大きく影を落とすことになるわけです。


あ!でもね、一応言っておきますが、
ユッケはおいしかったよ。
それと、「水冷麺」って言うシンプル冷麺も
おいしかったですよ。(^^)
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-07 10:36 | チャングム&韓国

「大長今テーマパーク」の事を思い出しながら
Blogを書いていたら、なんだか又
「チャングム」の世界にはまりたくなって来たよ! (^^)

買ってきたDVD… 又、見よぉっと… (^^)b

さてさて、「大長今テーマパーク」に別れを告げて、
向かうのはソウル市内の中心地…

行きはね、ホテルに迎えに来てくれるんだけど、
帰りは、ソウルの有名スポット「ロッテホテル」にて解散
なんですわ!

ホテルがどこにあろうと、
「ロッテホテル」の前で降ろされるって事(^^;

ま、それならそれで、いろいろと予定も立てやすいわけです。

だって、通常なら例の「シティ パレス」からは
地下鉄乗り継いで来ないとならない場所なんですから…(^^;

「大長今テーマパークツアー」は半日だからね。
そう! ちょうどお昼時!!

もう日本にいる時から、しっかりと予定立ててますよ。

チャングム行った後は、「骨付きカルビ」だってね(^^)/

一般的にも、

韓国=>焼肉=>骨付きカルビ

と言う、「連想ゲーム」は非常に成立しやすいわけですが、
大問題が立ちはだかってますよね。

「どの店にするのか?」

こんなもん、ガイドブック見たって、
決められやせんのです。

普通にしゃべったっぽく言うと、
「決めらりゃせんのです」
になるんです!

ここで、《知識増量堂 ブックセンター》 なんて
Blogをやっている事の意義が出てくるんですな!

いままで出てきた、ビジネスに役立つと言われる
法則やら、フレームワークやら、
を総動員いたしまして、導き出された答えが

「うまいものは 地元の人に聞けの法則」

う~~~む、なんて素晴らしい法則だ!! (^^)v


なので!
既に、昨夜…
空港からホテルに向かう車の中で、
ガイドさんにリサーチしていたんです。

既に、先ほど…
「大長今テーマパーク」から「ロッテホテル」に
向かう車の中で
ガイドさんにリサーチしていたんです。

HISのツアーのガイドさんは
待ってましたとばかり、
あるお店の優待券をかばんから取り出し

「生カルビじゃなくて、普通の味付けカルビと
ロースがおいしいです。
このチケットでビールがサービスになります。」

と…

チャングムツアーのガイドさんは
アタクシの持っていた地図に印をつけながら
場所を教えてくれました。

でもね、ちょっと場所が遠かったの…

なので!

HISツアーのガイドさんが教えてくれた
所に行って見ることにしました。

でも、クーポンみたいなの持ってるって事は
もろに、単に、「提携のお店」って
事なんでしょうけどね…(^^;

別に、個人的にオススメなお店ってわけじゃないみたい…

でもまぁ、あてもなく彷徨うよりはいいでしょう!

「ロッテホテル」から、
紹介された「三千里」と言う焼肉屋を目指します!!!

どうもねぇ~ 薬局のイメージが抜け切れなくてねぇ(^^;

未だに、あたまの中では「薬局 三千里」の
ネオンサインがきらめいています。
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-06 10:14 | チャングム&韓国


「大長今テーマパーク」…

最後に待ち受けているのは、
「王様」vs「ミンジョンホ」
の弓矢対決が行なわれた場所 (^^)

b0156645_10432632.jpg


でもって、お土産センター…(^^;

b0156645_10435489.jpg


カンドックおじさん所で試飲した
「黒豆マッコルリ」はここで購入!

金500円也…

b0156645_1135522.jpg


「龍の髭」も買っちゃったからね。
もうお土産センターには、
まったく用事がないと思っていたんですが!

完全に、目が釘付けになってしまった商品がぁ~~!!

それがこれ ↓

b0156645_10461190.jpg


いやね、入口脇にでっかいモニターがあってね、
そこで流されていたんだけど…

このDVD… MBCがドラマの放送終了後に放送した
スペシャル番組が収録されてるのさ。

主要な出演者が、一同に会して収録の思い出話
なんかを繰り広げるのね。

これがまぁ、面白そうなんだよね(^^)
みんな役から離れて普通なわけじゃん?
ドラマでしか見た事なかったわけだから、
普通に話してるのって、めっちゃ新鮮なのさ…

ほしぃ~~~~~!! これ、ほっすぅぃ~~~~~~!!

って事で、買ってしまいました(^^;
金3000円也…

そのスペシャル番組の他にも、
ドラマ本編の総集編、
NG集、
監督のインタビュー
等が収録されています。

まさか、チャングムのNG集がみられるとはね!

って事で、大満喫の「大長今 テーマパーク」でございました。

では、総括… (^^;

まず、現地に辿り着く方法…
ハングルに慣れているか、またはかなり日程に余裕があるか、
じゃない限りツアーに申し込んだ方がいいんじゃないかな?

事前に調べたとおり、ガイドさんの説明はありがたいです。

「こっちの方向から撮影するとあの場面になる」

とかって、パンフレットだけだと、わかんないからね。(^^;
また、ガイドさんもドラマのファンだったりすると
意外なところで話が盛り上がったりするしね。

しかし、デメリットもあります。
時間が限られる事。
それと、やっぱり団体行動になりますので、
一か所をじっくり見てると、すでにちょっと先で
別のところの説明が始まっていたり…
聞き洩らしてしまったり…

例のドラマの衣装を着て
写真を撮影するという人がいる場合
そこで待っていなければならなかったり…

一通りガイドさん付きで回った後に、
更に1時間くらい自由時間があったら
理想なんだろうけどな…

さ、いかがでございましたでしょうか?

行きたくなりました?
Blog読んだら、「もういかなくてもいいか?」って
思っちゃいました? (^^;

「すでに、撮影時からはだいぶ年数が経ってるので、
小道具とかも老朽化が激しい」、というような情報も
あったのですが、あまり気になりませんでした。

「ここで、本当に撮影していたんだなぁ~」と思うと
やっぱり、感慨ひとしおです。

もし、機会があるのなら、チャングムファンはぜひ
一度は訪れてみるべきだと思いますよん♪ (^^)
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-05 10:47 | チャングム&韓国


えっと、実は「宮殿」エリアはこれでおしまい(^^;

ここからは、「宮殿」の外の風景がメインになってきます。

最初がこれ! ↓

b0156645_10592193.jpg


チャングムが、こっそりと宮殿を抜け出す時に使った所ね。

そして、「錦鶏」の飼育に使っていたのがこれ! ↓

b0156645_10595862.jpg


なんかね、乞食の巣窟にも使われたんだって。

そして、宮殿外の街並みが続きます。

b0156645_1122588.jpg

街並みの終端に位置するのが、カンドックおじさんち(^^)


b0156645_823087.jpg



このパネルの裏側がこれ…

b0156645_1113371.jpg


でもって、このエリアはおみやげ売り場にもなっています。

最初は「黒豆マッコルリ」の試飲コーナァ~~~~(^^)v

b0156645_1135522.jpg



「マッコルリ」(マッコリ)ってのは、韓国の濁り酒ね。
これがね、なかなかうまいんだ!

黒豆の香ばしさ…
甘酒の様なこく…

即決! 「かいますぅ~~~!!」ってお金を出そうとしたら、
ここは、試飲だけなんだって(^^;

メインのお土産売り場にて販売だそうな…

その試飲コーナーの奥にあるのが、
お菓子の実演販売…

ガイドさんも、そのお菓子について
事前に説明してくれてたんだけど、
あまりお菓子系おみやげに興味のなアタクシ…

ちゃんと聞いてなかったんですが、実物を見て、
「おぉ~~~!! これか!!」ってね(^^)

このお菓子…
王室の人達しか食べられなかった超高級菓子…
その名も

「龍の髭」


これねぇ~ 見た事あったんだよ!

数年前、ラッキーな事に香港に行ける事になってね。
その時の帰りの香港の空港で、実演販売してたのさ!

やっぱり、「超高級菓子」的な売り文句で、

ひと箱1200円也… (確か…)

買えねぇ~~ (^^; そんなお菓子買えねぇ~~…

ってか、あまり興味なかったんだけどね。
ちょびっとは食べてみたかったのも事実…

その「龍の髭」の実演販売コーナーがあるんだね。
でもって、5箱で40000ウォン…

ソウル市内とかより、ここのが安いらしい!

さすがのアタクシも、ここでは即決で購入!! (^^)
なんつったって、「大長今」のロゴ入り…(^^;

もちろん、試食させてもらった後だけどね(^^;
これさぁ~ なかなかうまいよ(^^)

おススメかも…

でもって、この売店のおかみさん…
日本人なんです! 普通に話しちゃいました。

さて、その「龍の髭」の実演販売映像を入手したので、ご覧あれ…


「龍の髭実演販売」



って事で、いよいよ次回は、
「大長今テーマパーク」にも
お別れの時間が近づいてきます。

*「龍の髭」値段ですが、最初に書いた時に
ひとけた間違ってました(^^;
申し訳ありません m(__)m
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-04 11:05 | チャングム&韓国

いきなりですが…

捕まっちゃった人がいました。 ↓

b0156645_10465072.jpg


ここに座らされたが最後、
みなさまご存知の様に、
命を落としかねない拷問が待っているわけです。

ま、向こうに見える椅子に座るのが
「オギョモ」か「ミンジョンホ」かによって
だいぶ変わると思うけどね(^^;


もちろん、向こう側の椅子に座る事もできます。

裁く方…、 裁かれる方…、両方の体験ができますよ(^^;


大きめの建物のセットの間、間にも、
あちこちに、こんな小道具がおいてあったりして
楽しませてくれます。

b0156645_10472386.jpg



続きましては、こちら
「サオンウォン」って所…

b0156645_1048168.jpg


ここでは、あの女官選抜試験の場面の撮影が
行われたらしいですよ。

「課題は、餃子!」ってヤツね。

この建物の前が割と広めのスペースになっているんだよね。

カンドックおじさんがいつも引いていた、
荷車なんかもありました。

チェゴサングン姿のチャングムを筆頭に
等身大パネルも充実(^^;


そしてなんといっても、
下手したらこのテーマパークのメインとも言える
アトラクションがあるのもこの場所!!

チャングムの時代の衣装を着て、記念写真が撮れる!!

ツアー一行の中からも、挑戦者あらわる! (^^)

b0156645_10483123.jpg


なんかねぇ、こういう格好の人がいるだけで、
雰囲気が、250%増し位になるんだよね。

はたから見てるだけでも、なんだか大満足(^^)


b0156645_1049417.jpg



そして、醤庫 ↑ を通り抜けますと…

いよいよ、あの「スラッカン」のセットです。

そして、いきなりのこれ! ↓

b0156645_10542585.jpg


チャングムのおかあさんが隠した、「秘伝の書」ね。(^^;
こんな目立つわきゃないんだけど、
その演出が心憎いじゃありませんか!

ついつい、ウルウルと… (ノ_;)


スラッカンのセットはエリアは結構広いです。

b0156645_10495950.jpg
b0156645_10503181.jpg
b0156645_1051457.jpg


チャングムが監禁されてしまった、倉庫もありますよん♪

b0156645_10515042.jpg


なんかさぁ「スラッカン」って言葉自体で、だめよね。(^^;
見ていたアタクシラでさえ、「スラッカン」って言葉、場所には
妙な思い入れがあるからさぁ~

たっぷりと堪能させていただきました。(^^)


「大長今テーマパーク」さらに続きます(^^;
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-01 10:54 | チャングム&韓国

パンフレット、発見されました! (^^)

b0156645_11483671.jpg


なので、宮殿入口より、中を探検してみましょう!!


門をくぐった最初の見どころが、この「大殿」

b0156645_11235563.jpg


ちょっと、暗くなっちゃってますね。(^^;

朝鮮王朝時代の、宮殿クラスの建物って
だいたい構造が同じなんですよ。

真中に大きな部屋があって、
両サイドに小部屋があるって感じ…

これは、ソウル市内の宮殿見学にも使える、
押さえておいた方がいいポイントね。


当然、この「大殿」もそういう作りで、
まんなかの大きな部屋の部分には、
衣裳が陳列されています。

で、ここの若干長めの廊下を
縦方向に(つまりサイド側)から撮影すると、
ちいっちゃい頃のチャングム達が
ずらっとならんで、試験をしたりという
場面になるそうなんですね。

王様の宮殿と、女官の集合部屋が
同じだったとは!!


でもって、階段の処にて写っているのが、
実はこのツアーのガイドさん(^^;

偶然ですが、非常にいいポーズをしてくれてるんですわ!

わかりますか? (^^)

チッ…

チッ…

チッ…

チッ…

チッ…

ブゥ~~~~~~~~~~…

あのね、チャングムとハンサングンが
お互いの関係が判明して、抱き合うシーンね。

あそこが、ちょうどガイドさんのいるあたりらしいんです。

あのシーンでは、セット内の同じところをぐるぐると
走り回った末に、この場所で抱き合ったんだってさ!(^^)

のっけから、そんなクライマックスシーンの
話聞かされるとさぁ~

さらに期待が高まるよね。

大殿には、書庫や薬庫のような処もありました。↓

b0156645_1124359.jpg
b0156645_11245045.jpg



さて、続きまして、大殿の向かって右側がこれ↓

b0156645_841926.jpg


小さい頃のチャングムとハンサングンが居た処
って事らしいけど、いちばんわかりやすいのが、
ちっちゃいチャングムとヨンセンが夜に忍び込んで、
王様の夜食のお粥をひっくりかえしちゃう事件…
あれがここで撮影されたんだそうです。

なんかちょっと様子が違いますよね。
「あれ? こんなかんじだったけ?」
てな感じ…(^^;


華やかな大殿を抜けて順路をたどりますと、
雰囲気の落差があまりにでかい、牢獄エリアです。

b0156645_759030.jpg


でもね、ここはほら、使い回しの撮影とかできないわけじゃん?
もう、そのままなわけですよ。
牢獄以外のなにものでもないわけでして、
その柵の向こうには、

チャングムとハンサングン

もしくは

クミョンとチェサングン

が、白い獄衣を着て、座っていたわけです。

拷問により、やつれた顔を思い出せば、
そりゃもう胸が痛くて、痛くて…

そんな思いを胸に、そっと牢獄の太い
木の柵に触れて見ると…

なんだよ! こんな柵の幅じゃ、
出ようと思えば出られちゃうんじゃかよ!

TDLのトゥーンタウンにある
牢獄とおなじじゃねぇかよ!

なぁ~~んて、思ってみたり…(^^;

外には拷問の道具もひと揃いありまして、
ある種の方々には、垂涎のエリアとなっております(^^)

次に控えし、見所は…

ある意味ここもメインだよなぁ~
ここ ↓

b0156645_11254098.jpg


「あずまや」と呼ばれるこの建物…
まぁ、いろんな場面で使われてますよね。

なんつったって、この建物の下には、
チャングムのおかあさんの手紙が
埋められてました。 ここね ↓

b0156645_11301619.jpg


いまや、蟻地獄の密集地となっておりました(^^; ゲラゲラ…

そして、この場所を見て、あの事を思い出さない人は
いないでしょう!

そうです。「 酢 」です。 酢よ! 酢っ!

チャングムとハンサングンをつなぐきっかけともなった
あの酢です。

その酢をいままさに掘り出そうとしている
のがこちら!(^^)

b0156645_11323850.jpg


今は、「酢」にかわり、なぜか「金塊」が
壺の中より、顔をだしています。

「なんでやねぇ~~~~ん♪」

つぎからつぎへと、名シーン、名場面が思い浮かぶよね。

ここまでで半分弱位かな…


「大長今テーマパーク」まだまだ続くよん♪
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-07-31 11:33 | チャングム&韓国

続いて現れましたのが、ようやく本格的にパーク内に
入った事を思わせるこの看板!!

b0156645_7544185.jpg


来たね!
ついにやってきました。

次に目に入るのがこれ!

b0156645_7555076.jpg


おぉ~~~!!
宮殿の入り口じゃん!!!

高鳴る鼓動! (^^)

この入口の脇には、こんなのもあるんだよ。


b0156645_757986.jpg



それとね、よく観光地にある顔の部分に自分の
顔を入れて写真を撮る、例のパネルみたいなやつね。

チャングム版と、ミンジョンホ版がありました。

当然、写真も撮ったんですが…(^^;
さすがに見せられません(^^; アハハ…


さてさて、いよいよ、宮殿の門をくぐって
中に入るわけですが…

あれ? 「大長今テーマパーク」のパンフレット
どこにやったっけ?

あれがないと説明できないじゃん!(^^;

って事で、それが見つかり次第、
順次内部をご案内いたします。

今回は、主要な画像にて、お茶を濁すことといたしましょう!


b0156645_759030.jpg

b0156645_841926.jpg
b0156645_854290.jpg
b0156645_8652100.jpg


b0156645_823087.jpg

[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-07-30 08:07 | チャングム&韓国

この日、偶然にもkizz_armyと同じ
「大長今テーマパークツアー」に申し込んだ方は、
アタクシ含めて5名…

で、この5名に、超ラッキーな福音が訪れます。
それは後ほど…(^^;

ガイドさんは、徐さんと言う女性の方。
そう! チャングムと同じ苗字なんですねぇ。

参加者の各ホテルを回ってピックアップした後に、
車(ワゴン車)は「大長今テーマパーク」を目指します。


ソウルから30分位っすかね。

「おいおい、こんなところにあるのぉ?」

って感じのふつうの町並み…
しかも、かなり目的地に近づいても、それっぽい看板のひとつも
見あたりゃしない… (^^;

いかにも「脇道」って感じの所に入ったら、
ようやくゲートらしきものが!!! (^^)/

こりゃ、ほんとにバスなんかで来なくてよかったよ。
で、そのゲートを通って、いざ入場って時点で
チケットを買いに出たガイドさん、なにやらもめてる感じ…

トラブルか!!
またブログのネタが増えるのか!

と、思いきや、若干早く着いちゃったらしい…(^^;
チケット窓口もまだ準備ができてないとか…

ってことはぁ???

あぁ~~~、なんとラッキーなんでしょう!!
あの、朝鮮王朝 11代 中宗王の宮殿 貸切状態です!

写真撮影するにしたって、なんにしたって、今いる5人
以外の人が関与する可能性はゼロ!

なんという贅沢! なんという幸せ!! (^^)/

そんな大盛り上がりの気分の中、最初に迎えてくれるのがこれ…

b0156645_1110585.jpg


出演者の手形…

チャングムの手形はこれね。

b0156645_11102862.jpg


参考までに申し上げますと。
ほぼ、アタクシの手の大きさと変わりませんでした(^^;

とここで! 遠くの方から、ドラマのサウンドトラックと
思しきBGMが流れてきました。

もうだめかも… (T_T)

ドラマの数々の名シーンが蘇ります。

まだ、実際のセットエリアには入ってないのにね… (^^;

さあ、いよいよ、ほんとうに、あのチャングムがいた
あの場所に足を踏み入れます。
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-07-29 11:13 | チャングム&韓国