★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【Part1】
の時点から、約3時間半経過したところで、
再び世界遺産である

【 昌徳宮 (チャンドックン)】

の正門前に戻ってきました。

とここで、袋からとりいだしましたるオニギリ
世界遺産の正門前にて、堪能させていただきました。(^^;

そうなのよ! 昼飯食ってなかったのね。
「宗廟」から、この「昌徳宮」にくる間のコンビニでオニギリ買いました。
でもって、見学が始まるまでのちょっとの間に、腹ごしらえ…(^^)

コンビニのオニギリも、世界遺産の前で食べると又格別だよね。
って、そうでもないか?
そもそも、異国なのにコンビニでオニギリが
手に入っちゃう所がいいよね(^^)

さて、この回のガイドツアーに参加した日本人は、
20人位だったかな…

ゾロゾロとガイドさんの説明を聞きながら、
見学をいたします。

では、折角なので恒例の歴史コーナーを…
------------------------------
・李氏朝鮮成立 1392年
・「景福宮」建設 1395年 <= 「守門交代儀式」見た所ね。

・「景福宮」の離宮として「昌徳宮」建設 1405年


・「昌慶宮」の前身「寿康宮」創建 1428年 <= ガイドさん貸切だった所
・「徳寿宮」に住んでいた人の弟が、 <=朝イチで行った所
 第9代王 成宗(ソンジョン)王 (在位1469~1494)

・「寿康宮」が「昌慶宮」となる 1483年 <= ガイドさん貸切だった所

・「チャングムの誓い」の
 第11代 中宗(チュンジョン)王(在位1506~1544)

・「景福宮」焼失 1592年 <= 「守門交代儀式」見た所ね。

・焼失した「景福宮」の代わりに
 第15代 光海君(クァンヘグン)王が「昌徳宮」を再建し
 正宮となる 1610年

~ この間、約270年「昌徳宮」が正宮となる~


・「景福宮」復元 1868年 <= 「守門交代儀式」見た所ね。
・「景福宮」日本軍が破壊 1910年<= 「守門交代儀式」見た所ね。
------------------------------

ふむ… だいぶ整理されてきたね。(^^)


って事で、「昌徳宮」の内部はってぇと…

これが正殿である「仁政殿(インジョンジョン)」
b0156645_10575046.jpg



手前がガイドさんね(^^)
手に持っているのが、ポータブル拡声器…
ショルダーバッグの様に、肩にかけて使えるんだよ。
便利なもんがあるねぇ~


そして、正殿の玉座。
b0156645_1048827.jpg


不思議なのは、ここだけ例の「建築様式」に則っていなくて、
正門から一直線に、この正殿にたどり着かないんだよね。

しかも、メインの通路から脇に入るような感じで
正殿だけのエリアが区切られているの…

なんでだろう???

ガイドさんに聞けばよかった… _| ̄|○

なので、今までのパターンだと正殿の裏手に、
王様やお后様の私生活のエリアとかあるんだけど、
ここはちょっと違う作りになってる。

無理やり言うと、斜め奥側って感じかな(^^;

でね、それらの建物エリアを抜けてからが、
実はこの「昌徳宮」の実力発揮…って感じのエリアになるんだよね。


ってことで、つづく… (^^)
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-10-17 10:58 | チャングム&韓国

<< 『 [チャングムの誓い]ロケ地...    『 【飛んでイスタンブール、[... >>