★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
さて、迫力満点の正殿 「勤政殿(クンジョンジョン」
それはそれで、とても見ごたえはあるわけですが、
個人的には、この正殿より奥のエリアが興味深かったですね。

正殿より奥は、王族のプライベートエリアってな位置づけのようでして、
通常は立ち入り出来なかったみたいなのよね。

でもって、まるで迷路みたいなのよ… (^^)

b0156645_10101729.jpg


迷路みたい… ってことはぁ?
そう、冒険心を掻き立てられるって事ね(^^;


各エリアごとに、壁で仕切ってあって、
隣のエリアに繋がる出入り口がそれぞれ
ちゃんとした門になってるんだよね。

そして、たくさぁ~~~~~んの建築物があります。
ソウル市内には「5大王宮」って言われる、
5つの宮殿があるのよ。
(その内今回は4つ+αを回る予定です)

その中で、最大の敷地面積を誇っております。
って、そりゃそうだよね。
李朝鮮王朝、最初の正式な宮殿だもんね。

なので! 征服するには結構な時間と体力がいります(^^;

ありがたいことに、宮殿のエリアとは別に
「国立古宮博物館」と「国立民俗博物館」までが
敷地内にあるんですよ。

「国立民俗博物館」のほうは、結構おもしろいらしいんだけど、
今回諸々の理由により、宮殿だけの見学とさせていただきました。

だって、まだまだ先があるんだもぉ~~ん(^^;

って事で、アタクシの歩いた見学コース…
一気にご一緒していただきましょうか!! (^^)v

まずは、「東宮」と呼ばれる東側のエリアからね。
この時代「東宮」って言うと、
跡取り(王子様)の生活するエリアの事みたいね。

ほら、「チャングムの誓い」でも出てきたでしょ?
すぐに病気になっちゃう「東宮」が…(^^;

資善堂(チャソンダン)
b0156645_10105497.jpg


中はこんな感じ
b0156645_1011977.jpg
b0156645_10111894.jpg


どうしても「資生堂」に見えちゃうんだけど…(^^;
王子様がここに住んで、生活したり勉強したりした場所なんだって。



丕賢閣(ピヒョンガッ)
b0156645_10114672.jpg


中はこんな感じ
b0156645_10115998.jpg
b0156645_10121215.jpg



ここは、王子様が臣下と国事の議論をしたところだとか…
世襲とは言え、ちゃんと勉強してたんだねぇ~

ここまでは、1999年に再建されたものだそうです。


東側のエリアをぐるっと回って、
またもや、真ん中のエリアに戻ってきます。
つまり、正殿の後ろ側にあたるエリア…

このエリアは王様とお后さまの生活エリアね。
まずは、
思政殿(サジョンジョン)
b0156645_10124244.jpg


王様の執務室だってさ…
王様関係の建物だからね。中には玉座完備でございます。 (^^)
b0156645_10131646.jpg


続きましては
交泰殿(カンニョンジョン)

王妃様の生活空間との事。
このあたりは、居間的なもんなんでしょうか…
b0156645_10135820.jpg



こんな感じで飯を食っていたらしい…
b0156645_10141458.jpg


ご覧の通り、ここは中に入れるんですよ(^^)

裏手の窓にはオンドルの煙突が…
b0156645_10143768.jpg


「オンドル」ってのは韓国式床暖房ね。
建物自体が高床式で、床下に薪を入れて暖める方式なんだけど…


これが実は、危険極まりない!
「床暖房」なんて、今のアタクシあたりには、
非常に羨望の的なわけですが…


一酸化炭素中毒死者続出!!!

朝起きて見ると(って実際はだれも起きないのだが)
「一家4人全員死亡」
なんて事が頻繁にあるんで、現在この方式のオンドルは
禁止されておるんだそうな…
怖いよね。

この「康寧殿」は「思政殿」の奥になります。

って、ちょうど地図を発見したので見ていただきましょう!

景福宮内俯瞰図 <= クリック


1:光化門
   ↓
2:興礼門
   ↓
5:勤政門
   ↓
6:勤政殿
   ↓
7:資善堂
   ↓
8:丕賢閣
   ↓
10:思政殿
   ↓
15:康寧殿

ってな事になっております。
便利な世の中じゃ… (^^)

で、ここまで見てもらえばわかるように!

みんなおんなじ造りなんだよね(^^;

真ん中に大きな部屋があって、両脇に小部屋がある。
キッチンは別だから、間取りは2Lって事かな?

メインの建物は、大体上で紹介したけど、
更に両脇に、同じ様な建物があったりするからね。

実際は、まだまだいっぱいあるんだよ。

ま、それなりに「何に使ったか?」なんてのを
ガイドマップ見ながら歩けば、勉強にはなるわけですが、
こうも同じ造りだと、さすがにちょっと飽きる(^^;

「迷路みたいで、おもれぇえ!」
なんて言っていたアタクシも、若干テンション下がり気味…

とまぁ、そんなアタクシも含めた諸兄には、
ちょっと違った建築物もちゃんと用意されているんですわ!

よっ! さすが 景福宮!! 韓国一!!

てなもんよ♪


って事で、更に奥に分け入るのでございました(^^)v
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-09-05 10:19 | チャングム&韓国

<< 『 [チャングムの誓い]ロケ地...    『 [チャングムの誓い]ロケ地... >>