★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
さて、「徳寿宮」のひとつの特徴として、

韓国建築物と西洋建築物の混在

ってのがあります。

その名もまさに、「石造殿」

b0156645_1082391.jpg


いくらなんでも、そのまますぎやしませんか?と…(^^;

さらに、もうひとつあるのが 「石造殿 別館」…

b0156645_1084388.jpg



追い討ちかけて、

あまりにもそのまますぎやしませんか?と…(^^;

とは言ってもねぇ、このあまりに普通の、古さも特に感じない洋館…
建てられたのは、Part1でも紹介した、他の木造建築物と
同じ頃なんだよね。

変な感じよ(^^;
こっちはほら、「遺跡巡り」ってイメージからすると、
そんな「普通の洋館」なんてそのカテゴリに入ってないわけじゃん?

実際には100年も前の建築物なんでね、もちろん貴重なわけですが、
なんかイッショクタに見るのは、気分的、感情的に違和感あります。(^^;

木造建築物では、他にも

・浚明堂
・即祚堂
・咸寧殿

等の建築物があって、敷地内をぐるぅ~~と一周!

でね、この「徳寿宮」の敷地自体が公園みたいな感じなのさ…
なもんで、デートコースなんだってさ…
たしかに若いカップルもいましたね(^^)

「お昼休み時間限定フリーパス」なんてのもあるんだよ。


あと、おもしろかたったのが
ぽつんと剥き身で展示されている「宝物」達…

中には、国宝もある…(^^;
それが、この世界最古最大の時報付水時計…

b0156645_1091273.jpg



時間になると、鐘をならしたってんだから凄い…

そして、銅鐘、

b0156645_1093538.jpg




更に、木製のミサイル発射装置…(^^;
これすごいよね。パトリオットミサイル出てきそうだもん…

b0156645_1010843.jpg



初夏の花なんかも、観賞しながら、
ゆったりと回ることができた「徳寿宮」です。

b0156645_10125497.jpg


9:30と14:00には、無料の日本語ガイド
あるのですが、今回先を急ぎますので、
「自らガイド」により、散策させていただきました(^^)

韓国遺産巡り… オープニングとしては、
なかなか満足の行った「徳寿宮」でございました (^^)v
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-09-01 10:13 | チャングム&韓国

<< 『 [チャングムの誓い]ロケ地...    『 [チャングムの誓い]ロケ地... >>