★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
あぁ~~~~、腹減った…(--;

って、このシリーズは、連日の更新を課していたのですが、
とうとう1日あけてしまいました。

【幕末純情伝】の話をアップしたら、それで満足して
すっかり、こっちの事をわすれておったわい! (^^;;;


さて、韓国には現在3箇所カジノがあるらしいです。

今回訪れたのは

「シェラトンウォーカーヒルカジノ」

一番有名! でもって、老舗!

バスの中での説明では…

・滞在時間は1時間…

・もし間違って勝ってしまったら、そのままゲームを続けてよい
 つまり、置いていく(^^;;;
 帰りは、「自力」で…

・大きく儲けたら、チップを弾んでくれるのは自由… (^^)

・外国人専用なので、ガイドは入れない

・写真撮影禁止


てなわけで!
初体験のカジノへ Go!

そこは、思っていた通りの別世界、
「007」なんかに出てくる、
モノホンのカジノの光景がそこに広がります。

入り口付近には、スロットマシーンが並び、
入り口右手奥に広がるメインホールには、
ルーレットの台、そしてそこから奥には
各カードゲームのテーブルがびっしりと…

ディーラーは、おねぇちゃんが多いんだよね。
しかも、今時は、ディーラーの名前なんかが
テーブル脇の液晶画面に表示されてる。

カードゲームのテーブルに座って、
ゲームに興じているのは、ほんとうに
「いかにも」って感じの人ばかり(^^;

更に、サイド方向には別の空間…
スロットマシンや、大型のカジノゲーム機が並んでいます。
逆サイドは、中規模の個室仕様…

レートが高く設定された部屋の様です。
なんかさぁ、こっちのレートが高い部屋のほうが
人が多い感じがするんだよね。恐ろしいこってす…

とまぁ、かなりの広さを誇るカジノですが、
グルっと1周するのに、10分もかからないわけですよ。

「へぇ~~、これがモノホンのカジノなんだ…」
「映画とおんなじだなぁ~」
「みんなすげぇ~なぁ~」

って、見て回ればそれで終了(^^;

とてもとても、まったくの未経験者が
なにかのゲームに参加するなんて事が出来るような
感じじゃないんですよ。

もちろん、最初から「雰囲気を見たい」と言う目的で
行ってるわけですから、別にそれでいいのですが、

「ちょっと一回だけなにかやってみようかな」

なんてわけにはいかない感じ…(^^;
ブラックジャック位なら、多少はわかるけど、
バカラとかルールをあまり知らない様なカードゲームとか、
「ちょっと失礼…」なんて、そのテーブルに
つけるわきゃないよね。

多少心得のある人だったら、そんな無料オプションツアーで
1時間限定なんて条件付で来ないで、
普通に来たらいいわけだもんねぇ?

せいぜいやって、「ルーレット」位だと思うけど、
いざ参加するとなると、相当な勇気が必要だぞ…(^^;

だれか経験者に連れてきてもらうか、
自分自身それなりのカジノ経験者じゃなきゃ、
かなり敷居が高いです。

なんせ、言葉の問題もあるからね(^^;

しかもよ? 平日の昼真っからカジノに入り浸って
ゲームに興じる事ができるって事は、
実際問題、それなりに金があるって事でしょ?

上にも書いたけど、まさにそれが見ただけでわかる様な
人が多いわけですよ(^^;

そんな中に混じれる?
わりと最近ずうずうしくなった、アタクシでもそれは無理…

なんて感じで観察しながら、奥にブラブラ歩いていくと、
アタクシの視界の右隅のほうに、妙なオーラを放つ坊主頭の、
巨漢が入ってきました。

視界の隅のほうにちらっと入ってきただけなのに、
目立つんだよね。(^^;

「ん? なんか見た事あるかも??」

と、そちらに向き直り、よくよく見ますと…

内山君… あの内山君ですわ!!

カードゲームに興じております。

そういう世界なんだよ! (^^;


でね、なんか「フリードリンク」らしいのよ。
だから、みんな席にドリンク運んできてもらうんだけど、
(運んでもらったらチップは必要)
その運んでくるおネェちゃんがこれまた凄いんだ!! (^^)

スタイル、容姿がいいのはもちろんなんだけど、
ティンカーベルみたいな、
裾の所が、ざっくりとギザギザになったミニスカートの、
目の覚めるような濃い水色のコスチュームを来て
行ったり来たりしてるわけだぁ~~!

そんな中に、いかにもパックツアーで来ました的な
人間がいると、逆に目立つね(^^;

カフェルームみたな所もあってね。
フリードリンクなんだけど、
そんな観光できてるアタクシら様なモノが入っても、
勝手がわらかんわけですよ。

そんな雰囲気の中に、
バックパック背負って、スニーカー履いて、
Tシャツにジーンズみたいな、若いねえちゃん
二人組なんか入ったって、逆にめちゃめちゃ浮くだけなのさ。

でもって、現実問題、ティンカーベルみたいな
おネェちゃんたちも、若干上から目線で見るわけよ…

「あんた達みたいなのが来る所じゃないのよ」ってね。

そりゃそうです。
普通にそんな所で遊んでいる人達を
普通に相手にしてれば、チップ収入凄いですからね。

そういう人達のテーブルに、ひっきりなしに
飲み物運んでいかなきゃならんわけですからね。

そういう世界なんだよ! Part2 (^^;

そういう若干肩身の狭い思いもしながら、
する事もなく過ごす1時間は結構長いよ。(^^;

仕方がないので、
一応ちょっとスロットマシーンやってみました。

モノホンですからね。
ゲーム用コインじゃなくて、実銭投入です。

それがまた、バカあたり… なんて事になれば
このBlogも盛り上がるのですが、そんな事もなく…

なんとか、規定の1時間をまっとうすることができました。

ふぇ~~~… 疲れた(^^;

行ってみてよくわかったよ…
アタクシなんぞのモノが行くような所じゃないよ…

完全な、 「別世界」だな… (^^;
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-21 11:43 | チャングム&韓国

<< 『 [チャングムの誓い]ロケ地...    『 [チャングムの誓い]ロケ地... >>