★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
2009/9/17以降の「続編」は
《世界遺産に魅せられて… Season2》
へと移行しております。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
「明洞」

言わずとしれた、ソウル… いや、韓国イチの繁華街でございます。

なんだか、一時は若い衆を他の街に取られていた様で、
「韓国イチ」の座を奪われたかのような感じもあったらしいのですが、
最近はまた盛り返しているとか…

実は、「骨付きカルビ」の「炭火焼肉 三千里」も、
お金を下ろした「ATM」も、その「明洞」の端っこの
所なんだよね。

ギリギリ「明洞」の一部、みたいな場所でして… (^^)

中心部も、そこからすぐの所…
路地をチョイチョイチョイと進めば、そこはもう

上野のアメ横…

上野から御徒町方面へ歩いてブラブラと…


って、チャウわ! (^^;

ATMで、お金を下ろした時の事を書いた所でも
言ってるけど、なんかほんと変な感じなんだよね。

だって、日本と変わらないんだもん…

ただただ、看板とか、
商品名とかがハングルになっているだけ…

よくSFとかであるじゃん?

パラレルワールドっちゅうかさぁ~
街並みは同じなんだけど、住んでる人が違ったり
言葉通じなかったり…

まさに、そんな感じなのさ…

お店自体、日本のお店、日本にあるお店が
結構あるからね。

「とんかつ 和幸」もあるんだもん(^^;

ちょっと語弊があるかもしれないけど、
あえて言わせてもらえば、
街自体が「コピー商品」みたいな感じなのさ…

その中で売ってるものが「十六茶」ならぬ
「十七茶」とかなんだもん、そりゃ笑っちゃうよ。

しかも、厳密に言えば、
「看板とか商品名がハングルになっているだけ」
ではなく、
ほとんどのものが、「日本語も併記されている」んです。

そして、街自体が、「BBクリーム祭り」…

普通に「BBクリーム」って書いてあって、
「IKKOさんオススメ」だとか
「IKKOさんがこの店に来た」だとか、
日本語で書いてある…

お店に入れば…
いや、入る前から日本語で話かけてくる…

注意書きやら、宣伝文句も、日本語日本語日本語…

ほんとうに、不思議な感覚でした。

「外国に来ているのに…」

もちろんね、そこには「歴史」ってモノが
大きく影響している事もわかりますよ?

でもね、あきらかにそれだけじゃないわけですよ。

商売相手、商売自体としての
「日本」や「日本語」ってものがそこにある。

「反日感情」だの、「竹島問題」だのと
言っている一方で、そういう街がある
という現実もあるわけです。

そういう事も含めて、
ほんとうに不思議な感じでした。

そして、それは、単純に「その国の歴史」への
興味へと昇華していく感じがしましたね。(^^;

みんな、あの街へ行って何を思うんだろう???

日本人観光客はもちろんの事、
地元の若い人達とかさ…

とまぁ、そんな事を思いながら、
アタクシ、一件の眼鏡屋さんに入っていくのでした… (^^;

つづくぅ~~~
[PR]

by kizzarmy_travel | 2008-08-11 10:39 | チャングム&韓国

<< 『 [チャングムの誓い]ロケ地...    『 [チャングムの誓い]ロケ地... >>